《ネグロスからの報告④⑤》

12月2日(土)ネグロスコース4日目。

朝7時に朝食をとり、8時30分には「マングローブ植林」にむけて

出発しました。宿泊する研修センターから車で約70分のところに

ある「シライ」という海辺まで移動。

そこから民家の間を通り抜けてマングローブ林へ向かいました。

林の中には、竹で造られた橋が400m以上にわたって架けてら

れていました。1990年から始まったNGOオイスカの植林活動

がこの大きな森を作ったのだそうです。

生徒たちは、この森の中に植林しました。本来植えるべき場所

の水位が高いため、別の場所に1人4本づつ植林しました。

みんなとても熱心で、「せっかく遠くまできたのだから、もっと木を

植えたい」という声も上がりました。

 

植林後は、ジュースとお菓子をいただきました。

その後、バスに戻る途中で、一昨年にオイスカ高生が植えたマン

グローブを見学しました。まだまだ小さな木でしたが、順調に育っ

ているとのことでした。

 

13時に昼食をとり、14時30分には近くのモールでショッピング。

2時間の自由時間となりました。生徒たちは、お菓子や飲み物を

購入していました。

19時夕食。その後ミーティングをして、22時には消灯しました。

 

 

12月3日(日)ネグロスコース5日目。

 本日は早朝からチャリティーマラソンに参加しました。今年で8回目となる大会

で、参加者も多く規模も大きいマラソン大会です。

21㎞と15㎞に参加する生徒は3時に起きて、3時30分にはロビンソンに

ある会場へ。10㎞と5㎞に参加する生徒は、4時出発となりました。

スタート前には、まだ眠気がとれていない生徒が多くいましたが、

いざ走ってみると、多くの生徒が出せる限りの力を発揮。6名の生徒が

入賞することができました。

⑤1512443192975-1

昼食を食べた後、マンブカルリゾートに行きました。マンブカルリゾートは

プール施設の中に温泉のようなものがある施設で、多くの生徒が久しぶ

りに湯船につかり、気持ちよさそうに楽しんでいました。マラソンの疲れも

癒されたようです。

 

本日の研修で全体の3分の1が終了しました。

明日からのサガイでの活動でもさまざまな新しい経験をすること思いますが、

積極的にチャレンジをして多くの人と深い交流ができるように頑張ってほしい

と思っています。

 

 ※※写真は、後日届き次第掲載します。