「ひまわりプロジェクト」のひまわりが育っています!

「ひまわりプロジェクト」とは、福島県のNPO法人シャロームが

立ち上げたプロジェクトです。障がいを持つ方も、持たない方も、

共に生きる温かいまちづくりを目指して長年活動されているそうで、

その中の活動の1つに、障がい者と農家の方々が協力しながら、

ひまわりを栽培し、油を製品化して販売していく農業の6次化の試み

があります。しかしながら、2011年の震災による原発事故の影響で

ひまわりの栽培を断念。そこで県外の協力者の方を募り、ひまわり

栽培を委託する「ひまわりプロジェクト」が始まったそうです。

 

オイスカ高校では、毎年「ジャンボひまわり」その名も「コング」を

植えていました。前環境整備委員長を中心に、「せっかくひまわりの

種を毎年植えているのだから、このノウハウを生かして、『ひまわり

プロジェクト』に参加してはどうか」との提案があり、本校もこの

プロジェクトに参加することとなりました。

P1280026-1P1280027-1

5月19日に蒔いたひまわりの種が、大きいものは20センチほどに成長!

環境委員会のメンバーだけでなく、女子寮でも水やりをしてくれています。

たくさんの花を咲かせてくれる日が楽しみです!