「三つの挑戦」~校長先生のお話~

本日月曜日、放送による朝礼を行いました。

校長先生からは二十四節気について、

「10月8日には『寒露(かんろ)』、10月23日には『霜降(そうこう)』

を迎えます。『寒露』は秋が深まり冷たい露が見られる時季を表し、『霜降』は、

感じの通り、霜が降りる頃を表す言葉です。今後、これらの言葉に使われている

漢字の通り、さらに朝晩の気温が下がり、涼しく過ごしやすい日々が多くなって

くるのだろうと思われます。」とお話がありました。また、二十四節気に加えて

「七十二候」についてもお話くださいました。

また本年度のキーワードとしている「挑戦」についてのお話がありました。

「10月は、先週行った『体育祭』を皮切りに、稲刈り実習、SDGs講演会・

研修会、献血、2年生国際協力実習などの学校行事に加えて、部活動の大会も

数多く予定されています。来週には『中間テスト』も計画されているので、

10月こそ、5月にお願いした『学習への挑戦』と6月にお願いした『行事への

挑戦』を、『再挑戦』する月だと思います。また今回は、その二つの挑戦に加えて

『自分の設定した目標達成に向けて、自身の目標への挑戦』を行う月であることを加

えてくだい。」とお話され、「今月はこの『三つの挑戦』として意識して行動して

ください」と生徒たちに呼びかけました。

「この挑戦に取り組むためには、『今やるべきだ!」という強い意志を持つ

ことが必要です。そこで『今やるべきだ!』という意味を持った名言をひと

つ紹介します。1990年代に活躍したイタリアの有名なサッカー選手ロベ

ルト・バッジョという人の言葉で、『今を戦えない者に、次や未来を語る資

格はない』という言葉です。人として大きく成長していくためにも大切な心

構えを示していると思います。季節的にも気候的にも環境としてもチャレンジ・

挑戦にふさわしいこの10月にぜひ行動を起こす・・・そんな心構えで10

月の学校生活を送ってみましょう。皆さんの活躍を期待しています。」

鬼石校長-1