「携帯マナー講座」1年生が受講

7月13日(金)

1年生が、eネットキャラバン主催の「携帯マナー講座」を受けました。

DSCF2976-1

高校生のインターネット使用時間の平均は185分で、3時間を

越えているそうです。この長時間利用してしまうインターネットは、

便利な面だけではなく、私たちの生活を脅かす危険がたくさん

潜んでいます。

eネットキャラバンの講師の方が、ネット依存、ネットいじめなどに

ついて、お話ししてくださいました。

ネット依存では、主にインターネットゲーム依存に依存して

しまう人が多いのですが、SNS依存や音楽プレーヤーなどに

依存してしまう人も増えているようです。

ネット依存とは、生活や心や体よりも、ネットを優先してしまい、

自分で使用時間や使用方法をコントロールできなくなってしまうこと。

こうした状態が続くと、摂食障害や不登校やひきこもりといった

症状がでてしまうことがあるそうです。

DSCF2979-1

インターネットには、私たちの生活をより豊かにしてくれる

可能性が広がっています。インターネットに支配されて

自分を見失ってしまうような生活ではなく、自分たちの

意志で上手にコントロールをして、豊かな生活を送れる

ようにしましょう。