「産業視察観光ツアー(テクニカルビジット)」第2弾

浜松の各業界の9社・団体が協力して、国内外の企業経営者

向けの「産業視察観光ツアー(テクニカルビジット)」のプロジェクト

が始まりました。これは、エネジン株式会社さんと株式会社 mocha-chai(モカ・チャイ)

さんが浜松・浜名湖ツーリズムビューローさんと共同で始めたものです。

オイスカ高校もこのプロジェクトへの参加を決め、研修ツアーを企画しました。

そして今日は、株式会社 mocha-chai(モカ・チャイ)さんやエネジンさんなどの

関係者に加えて一般参加の方も含めた、2度目の「モニターツアー」を行いました。

P1300622-1

オイスカ高校の学校紹介のプレゼンを行ってから、外国人留学生の

日本語の授業(3年生)を15分間参観していただきました。

日本語は全く話せなかった留学生たちも、3年生になると

日本語能力試験N1レベル相当までに日本語が上達しています。

モニターツアー参加者の方から「日本へ留学したのは、母国で活躍

するためか、日本で活躍するためかどちらですか」と聞かれ、

「日本の大学に進学して国際的な企業に就職して、世の中の格差を

なくせるような取り組みをしていきたい」と答える留学生もいました。

みんなそれぞれに、しっかりとした希望や夢をもち頑張っていることが

伝わる参観となりました。

P1300628-1 P1300631-1

 

その後、国際文化コースの3年生の授業も見学していただきました。

このクラスでは、インド留学生がまだ日本に戻ってこられないため、

オンラインで繋げて一緒に授業をしています。

 

P1300634-1

 

グループワークを行ったあとは、インド留学生の2人が

テキストを流暢な英語で読み上げてくれていました。

国際的な環境の中で、英語を学び、スキルアップしている

生徒たちの様子を参観していただくことができました。

 

オイスカ高校には、多くの留学生とともに学ぶことで多様性や

国際感覚が身につくという恵まれた環境があるということや、

NGOオイスカを母体に持ち、多彩な環境教育活動を行っている

ということを知っていただくことができました。

 

プロジェクトを通じて、さまざまな業界の方の知識や経験を

学ばせていただくと同時に、浜松の観光振興などの地域活性

化に協力させていただきたいと思っています。