「高校生ボランティア・アワード2021」で、鎌田實 賞を受賞!

「浜と松プロジェクトチーム」として活動を続けている

浜松市の「中田島砂丘」と「松」の保全活動で、

今年も「高校生ボランティア・アワード2021」にエントリーしました。

 

※高校生ボランティア・アワードとは、歌手のさだまさしさんが

設立者であり理事でもある「公益財団法人 風に立つライオン基金」

が創設したものです。日々地道な奉仕活動を実践する高校生の”発表・交流

の場”となっています。互いの活動に対する理解を深め、連携し、助け合って

切磋琢磨するために全国の高校生たちがエントリーしています。

 

全国から113校の参加があり、その中から事前審査で16校が選抜されて

8月17日(火)に、Webによる発表大会が行われました。

 

オイスカ高校も選抜され、代表生徒による8分間の発表と5分間の質疑応答

を行いました。コロナ禍のため、今年もオンライン大会での開催となりましたが、

全国から選ばれた高校生たちの活動発表を聞くことができ、審査員の先生方との

交流などもあり、大変充実した経験をさせていただきくことができました。

ありがとうございました!

 P1300111-1P1300112-1

 他校のみなさんの発表を聞きながら、チャットで感想や意見をやりとりもしました。

 いよいよオイスカ高校の発表です!代表生徒2名は、さまざまな小道具も取り出し

ながら、8分間の発表を頑張りました!その後の質疑応答の援護として、

バレー部の生徒や併設するオイスカ開発教育専門学校の学生さんたちも集まってくれました。

 S__72736794-1S__72736793-1

 みんなでコツコツと育んできた活動を、多くの皆さんの前で発表できました。

 そしてなんと、このあとの特別表彰で、「鎌田實賞」をいただきました‼‼

 

鎌田先生は、この大会のオブザーバーを務められており、当法人評議員で

あり諏訪中央病院の名誉院長でいらっしゃいます。諏訪中央病院では

地域包括ケアの先駆けを作られ、チェルノブイリ、イラクへの国際

医療支援、全国被災地支援にも注力されてこられた方です。

 

今まで活動を継承してきた卒業生や生徒たちにとって、

とても嬉しい受賞となりました!ありがとうごうざいました!

 

 発表者の一人である松本さん(2年)よりコメントをいただきました!

「活動を支援、サポートをしてくださる先生方や、市民団体の皆様、

先輩方のおかげでいただくことができた賞だと思います。長年かけて

継続してきた沢山の努力が積み重なり、偉大なる鎌田先生より賞を

頂くことができて、本当に嬉しいです。これからも引き続き、

浜と松プロジェクトや、そのほかのボランティア活動にも、

できる限り参加していきたいと思います。ありがとうございました。」