「STOP温暖化会議2021」に参加!~新聞掲載~

11月3日に浜松市地域情報センターで開催された

「STOP温暖化会議2021」に今年初めてオイスカ高校も

参加させていただきました。

この会議は、開誠館中学校・高校のみなさんが、浜松市長へ

直接「若者の意見交換の場を設けて欲しい」という内容の

提言書を手渡したことで、昨年度初めて開催されました。

今年は、開誠館高校、浜松聖星高校、城北高校と本校の4校が

参加。各校の代表者が集まり、各校の取り組みを発表し合いました。

静岡新聞にも掲載されましたので紹介します。

□■□■■ 11月7日(日曜日) 静岡新聞  朝刊掲載 ■■□■□

20211110 STOP温暖化会議(静岡新聞)

地球温暖化対策 考える

中区 高校生が意見交換

 浜松市内の高校生が地球温暖化対策について話し合う

「STOP温暖化若者会議2021」がこのほど、中区の市地

域情報センターで開かれた。

 部活動などで環境問題に取り組む浜松開誠館、浜松聖

星、浜松城北工、オイスカ高の生徒約40人が参加した。

生徒は6チームに分かれ、脱炭素、プラステック問題、

生物の絶滅のテーマでそれぞれ意見交換し、原因や自分

たちが実行可能な対策について発表した。

 脱炭素を検討したチームは衣類廃棄による二酸化炭素

(CO2)の排出を減らす対策を提案した。不要な衣類を

持ち寄ってバザーやファッションショーを行い、再利用

につなげるアイデアを披露した。

 若者会議は市地球温暖化防止活動推進センターの主催

で、昨年に続き2回目。

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□