めひるぎの花

校内のめひるぎが花をつけました。

今年で22年目を迎える「めひるぎ」は2mを超えて

大きく成長し、今年もたくさんの種を地上に落としました。

P1280398-1

P1280399-1

まだ、白い花が残っていました。

花の開花が終わると、中央部に卵型のような実をつけ、「胎生種子」を育てます。

果実の先端から、インゲンのように細長く成長し、20~25㎝ほどになります。

そして種は成長すると、自然に抜け落ちます。

自然界では、このまま抜け落ちて土にささって発芽することで増えていきますが、

実は、なかなかうまく土にささりません。

本校では、この抜け落ちた種を拾い集め、プランターに植えて発芽させ

増やしていく取り組みを行っています。

ピロティ―にも置いてありますので、ぜひご覧ください♪♪