インド人留学生が浜松市長を表敬訪問①

3月に卒業を迎えるインド留学生4人が、浜松市長を表敬訪問しました。

4人は、3月4日(日)の卒業式後に帰国します。

オイスカ高校で過ごした2年間で、寮生活を通じて日本文化や

日本語を一から学び、ボランティア活動などを通じて地域のみなさんとも

たくさん交流することができました。実りの多い2年間だったと思います。

オイスカ高校での経験を生かし、それぞれの夢に向かってすすんでいってください。

将来は、世界で活躍する姿がみられるのを楽しみにしています。

 

浜松市長を表敬訪問した時の様子が、新聞に掲載されましたので

紹介させていただきます。中日新聞に掲載された内容は、明日の

ブログで紹介させていただきます。

□■□■■2月16日(金曜日) 静岡新聞  朝刊掲載■■□■□

静岡新聞(インド人留学生)2.16-1

「インドとの架け橋に」

オイスカ高留学生 浜松生活に感謝、報告

 3月の卒業とともに2年間の留学生活を終える浜松市

西区オイスカ高のインド人留学生4人が15日、市役所に

鈴木康友市長を訪ね、浜松での生活を報告した。4人は

「将来は日本とインドの架け橋になる」と誓った。

 2016年4月に同校に入学した4人は在学中に日本語

を習得。市内の小中高での交流や、地域や市民団体を

通じた交流にも積極的に取り組んだ。

 シン・アミットさん(17)は「ごみの分別やルールを守る

ことの大切さを知った。インドにこのことを持ち帰りたい」

と、2年間過ごした浜松市に感謝した。鈴木市長は「帰国

後も親日家として交流を続けてほしい」と話し、記念品を

贈った。

 4人は帰国後、大学に進学する予定。将来は再来日す

るか、インド国内の日系企業で活躍を志望している。同校

は現在8ヵ国の留学生55人が学んでいるという。

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□