オイスカ環境SDGsプロジェクトの活動~日本農業新聞で紹介~

JAとぴあ浜松の広報課の方より取材を受けました。

オイスカ高校では浜松の市民団体「海岸浸食災害を考える会」の

方たちとともに堆砂垣を設置したり、ごみ拾いをしたりして、中

田島砂丘の自然を守るための活動を続けています。

この活動について取材があり、農業新聞で紹介されました。

□■□■■12月22日(水曜日) 日本農業新聞  掲載■■□■□

IMG_2107-1

農地や水路を守ろう

静岡県の高校生ら 砂丘に堆砂垣

 静岡県浜松土木事務所とオイスカ高校、市民団体「海岸浸食

災害を考える会」は12月中旬、同会会員と同高生徒や卒業生ら

約20人が、浜松市南区の中田島砂丘の砂を固定する堆砂垣の設

置に汗を流した。

 同砂丘はダム建設などで天竜川の砂供給量が減り、近年、海

岸線の浸食が問題になっている。景観が失われるだけでなく、

海岸の防災機能が低下し、タマネギやエシャレットなどの特産

を生産する農地や水路を埋める被害をもたらしている。

 同校では、オイスカ環境SDGs(持続可能な開発目標)プロ

ジェクトの一環として、生徒が代々引き継いできた。同高2年

の内堀さんは「これからもみんなで活動を続けたい」と話す。

 同会は、同砂丘での堆砂垣設置を推進。長谷川武会長は「中

田島砂丘は消滅するかどうかの危機的な状況にある。津波から

住民を守る防潮堤の安定性にも影響が出かねない。多くの人に

協力してもらいたい」と話している。 (静岡・とぴあ浜松)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□

IMG_1968-1