オイスカFC~全日本U‐12サッカー静岡県大会ベスト4!~

オイスカ高校の敷地内にあるサッカースクール「オイスカサッカークラブ」では、

幼稚園の巡回教室や、週1回~の小学生のサッカースクールや選手育成の

ための「ジュニア」、中学生のための選手コース「ジュニアユース」など、

幼稚園児から中学生まで約350名が楽しくサッカーを学んでいます!

無題

 ◇オイスカサッカークラブのHPはこちらからご覧いただけます♪◇

 各学年のクラブ生が、年間を通じてさまざまな大会に出場して

たくさんの良い成績を納めています。

 

先日行われた全日本U-12サッカー静岡県大会で、オイスカFCが

11月18日(日)に行われた準々決勝で勝利!見事ベスト4入りを

はたしました。準決勝、決勝は11月25日(日)に行われます。

スポーツ報知に掲載されましたので、紹介させていただきます。

□■□■■11月19日(月曜日) スポーツ報知新聞  朝刊掲載■■□■□

20181119オイスカFCベスト4入(スポーツ報知)

オイスカFC金星

エスパU‐12清水撃破

 報知新聞社後援 全日本U‐12サッカー静岡県大会

        (18日、藤枝総合運動公園)

 ベスト4が決まった。オイスカFCは、1回戦で連覇

を狙う清水エスパルスU‐12清水に、手塚有澄(あす、

6年)の2得点で2-1と快勝。続く準々決勝でも手塚

が4得点を決めてプリメーラ御殿場FCを6-1で破った。

準決勝、決勝は25日に藤枝総合運動公園陸上競技場で

行われる。

手塚2戦6発4強

 オイスカFCの手塚が2戦6発と大爆発した。準々決勝

のプリメーラ御殿場FC戦では、裏への鋭い抜け出しなど

から、前半の20分間だけでハットトリックを達成だ。

「仲間からのいいボールに反応できてよかった」と、3

年連続の準決勝進出に大きく貢献した。

 手塚は夏前に股関節を隔離(はくり)骨折し、9月末

に復帰したばかり。10月の西部予選リーグでは不振だ

ったが「ようやく調子が戻ってきました」。8人制で1

トップの位置から、非凡な得点感覚で会場を沸かせた。

 初戦のエスパルスU‐12清水には、3月のしずぎん杯

で0-4と完敗していた。粟倉慎二監督(44)は「

一番の勝負所で各選手が特長を出し、攻守がひとつに

まとまって戦えた」と褒めちぎった。手塚は「一番気合

が入った」とクロスをワンタッチシュートするなど2

得点でリベンジを果たした。

 優勝候補のカワイ体操教室SCが姿を消し、西部勢で

唯一勝ち上がった。2008年にJ1清水DF松原后(22)

が在籍した前身のFCエストレージャ以来の優勝を狙う。

17日に浜松開誠館が高校選手権初制覇。ゲーム主将

の野沢康佑(6年)は「いい刺激になり、自分たちも

続きたい」と頂点を見据えた。(青島正幸)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□