スポーツSDGsを学びました ~1年生~

スポーツ庁委託事業である「オリンピック・パラリンピック・ムーブメント全国展開事業」

を浜松市教育委員会からの委託を受けて活動していくために、浜松市内の大学が連携して

「オリパラ教育浜松市内大学連携協議会」を設置。また、推進にあたり市内の企業、団体等

の協力も得ていて、現在は、浜松市内の5大学が小中学校(22校)にむけたオリパラ授業を

展開しているそうです。

P1300058-1P1300059-1

今日は、常葉大学の健康プロデュース学部 心身マネジメント学科 木村教授と

ゼミの学生さんたちが、1年生に向けて授業を行ってくださいました。

生徒たちはグループに分かれて、スポーツSDGsすごろくをしながら、SDGs17

のゴールに関するスポーツの問題に答えていきました。

P1300063-1P1300064-1

P1300073-1PXL_20210712_003411356-1

すごろくを終えてから、全員で答え合わせをしました。

オイスカ高校では、学校行事や委員会活動などを通じてさまざまなSDGsの活動を

行っています。海外研修時の植林活動や、ゴミの分別や、牛乳パックの回収など、

日常の中で習慣化されている活動も多くありますが、今日はスポーツに関連した

SDGsの取り組みも知ることができ、さらに視野を広げて多くの問題点を考える

きっかけとなりました。私たちが日常的にできること、学校でできることをなど

を考えて実行していくことが大切だと改めて実感しました。