ダンス部 卒業生からのメッセージ

3日間後輩のダンスレッスンをしてれた、プロダンサーの

神田初音ファレルさんが、メッセージを送ってくれたので紹介します。

「人は何故踊るのでしょう。

コロナ禍時代で人と人同士の(必要な)摩擦が生じにくくなった今だからこそ、

改めて考える必要があると思い、母校へと舞い戻ってきました。

今回のレッスンは『自己の探究・鍛錬』『仲間との対話・クリエイション』

をダンスを通じて働きかけました。今後の人生の財産となり得ると私は信じ

ているからこそ、それぞれの『ダンス』を引き出すワークをしました。

各個人が踊る理由にせよ、ダンスは多様性のある表現手法であり、コミュニ

ケーション、自己表現、歴史・文化の形成・継承など様々な例が挙げられます。

だが全てに共通して在り、ダンスの最大の強みとして言えるのが『触覚・触れ

ること』だと思います。他者とリズムを、空間を、感動を、身体を。その場に

居合わせた者同士で触れ合えることこそがダンスの根源的本質ではないでしょうか?

 しばらくは活動の幅が狭まる日々が続くと思われますが、心の摩擦が絶えることが

ないように願っております。本校を卒業して7年。

一回りも若い世代と関われる機会を設けて下さりありがとうございました。」

P1290398-1MicrosoftTeams-image (1)

 

3日間の卒業生による集中ダンスレッスンに続き、週末は1000人規模の生徒

さんが所属しているダンススペーススタジオMJの発表会を、ダンス部、フラ

部、卒業生の神田さんと新田さんも一緒に観に行ってきました。

ヒップホップ、JAZZ、ロック、ストリート、ハウス、ガールズ、Kポップ、

フリースタイル、ニュウジャックスィングなどなど、数々のダンスを鑑賞

させていただきました。

ダンスの合間にはDJによるパフォーマンスがあり、舞台装置も豪華で照明

も素敵でした。なによりダンス技術のすごさに圧倒されました。

ダンサーがひとつのステージを作り上げるエネルギーのすごさを感じました。

観賞後は「いつかこんなステージで踊りたい!」と、みんな興奮が爆発。

今後の練習にもより熱が入りそうです。

38077-1

3学期はセブンティーンアイスのダンスコンテストに始まり、校内発表会や、

卒業生による集中ダンスレッスン 、ダンス発表会鑑賞と、様々な体験を重ね

ダンスを多方面から学ばせていただきました。

この貴重な体験は4月に迎える新入生とも共有し、これからのダンス部を

盛り上げていきたいと思います。

今後とも応援よろしくお願いいたします!