フリーマガジン「ジュニアアスリートプラス」にサッカー部掲載

9月17日(日)から開幕する

第96回全国高校サッカー選手権大会県大会を目前に、

フリースポーツマガジン「ジュニアアスリートプラス003

「全国を目指す浜松のサッカー部18校をピックアップ」の

中で紹介されました!

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□

ジュニア アスリート(サッカー部)-1

オイスカ高校

繋ぐサッカーで

目指すは初のベスト4。

 一昨年はベスト16、昨年はベスト8進出と、一気に強豪校の

仲間入りを果たしたオイスカ高校。毎年、ピークを選手権に合わ

せてチームを作る。新人戦では県大会出場を逃したものの、夏

の総体では県大会へ出場し、チーム作りは順調に進んでいる様子。

 練習は、朝に30分、放課後は2時間程度。ナイターを完備した

人工芝の専用グラウンドを持ち、環境は抜群。練習で最も多くの

時間を割くのは”止める、蹴る”といった基本。ここで培った技術が、

オイスカの「ショートパスで繋ぐサッカー」を具体化させる。

 伊藤監督はチームについてこう話す。「足元の技術に関しては、

口酸っぱく言い続けてきました。ボールをどちらの足につけるのか、

パスをしっかりと狙った所に出せるのか。少しの差がミスに繋がりま

す。なので、そこは丁寧に教えているつもりです。ウチへは、中学

の時に『もっと俺はできるはず』という高いモチベーションの子が集

まってきます。本気でプロを目指す韓国からの留学生もいるので、

それも刺激になっていると思います」。

 昨年を上回る”ベスト4”を目指す。

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□