レンゲ畑

授業の一環として行っている田植えや稲刈りをする田んぼは

学校のすぐ目の前にあります。

昨年の秋には、たくさんの実りをもらたしてくれました。

現在は、きれいなピンク色のレンゲ畑になっています。

IMG_0076-1

このレンゲは、稲の収穫後にレンゲの種を「緑肥」として

蒔いているのだそうです。

レンゲの根っこに住む「根粒菌」が空気中の窒素を取り込み、

植物が使える栄養に変えてくれます。このためレンゲを

漉き込むことで、窒素系の肥料と同様の効果が得られる

のだそうです。

IMG_0079-1

とても懐かしい田園風景が、オイスカ高校の周りに広がっています。