中田島砂丘で絶滅危惧種生態調査を行いました!~新聞掲載~

浜松南高校の生物部のみなさんと、本校の有志メンバー

が中心となり、中田島砂丘における生態系保全を目的とした絶滅

危惧種調査を行いました。

主に絶滅危惧種であるカワラハンミョウの成育調査、外来種植物

の駆除を行いました。これは、本校でも推進しているSDGsの活動

の取り組みにもつながっています。(11住み続けられるまちづくりを

13気候変動に具体的な対策を・14海の豊かさを守ろう・15陸の豊かさ

も守ろう・17パートナーシップで目標を達成しよう

静岡新聞と中日新聞でも紹介されました。

□■□■■8月2日(日曜日) 中日新聞  朝刊掲載■■□■□

S__24223790-1

浜松南、オイスカ高生

 浜松市の浜松南高校生物部とオイスカ高校の生徒有志合わせて

約三十人が一日、浜松市南区の中田島砂丘で、絶滅危惧種の昆虫

カワラハンミョウを観察した。外来植物の除去作業もし、砂丘に

すむ貴重な生物を守るために汗を流した。

 県浜松土木事務所の福田達樹さんの指導のもと、砂丘にある調

査エリアでカワラハンミョウを捕らえ、生息状況を確かめた。三

十分ほどで百五十六匹を捕まえた。福田さんは例年の調査よりも多

く捕らえられたとし「おそらく砂丘全体の数も増えており、専門

家に詳しく調べてもらう。砂丘を守る多くの人の取り組みの結果

だ」と話した。

 砂丘に茂る外来植物の除去作業もした。砂丘で草が広がるよう

になると、生息する貴重な在来植物や昆虫などの生態を脅かす恐

れがあるという。生徒たちはオオフタバムグラやコマツヨイグサ

といった植物を手で取り除いた。

 浜松南高生物部の二年、上野恒晟部長(十六)は「昨年よりも

カワラハンミョウの数が増えていて、活動を続けてきたかいがあ

った。今後も除草で砂丘の生態を保護していきたい」と笑顔を見

せた。                   (坂本圭佑)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□

□■□■■8月2日(日曜日) 中日新聞  朝刊掲載■■□■□

20200803 絶滅危惧種生態系調査(自然科学部)

砂丘の生態系保全

浜松南高とオイスカ高 外来植物を除去 南区

 浜松南高(浜松南区)の生物部とオイスカ高(西区)の自然科学部の

生徒らが1日、南区の中田島砂丘で生態系保全を目的に、合同自然保護

活動を行った。

 草地化の原因になり、在来植物の成育や昆虫類の生態系を乱すとされ

る外来植物を約30人で除去した。在来種との違いを注意深く観察しな

がら、コマツヨイグサやオオフタバムグラなどを抜き取った。同砂丘に

生息し、絶滅が危惧されている昆虫「カワラハンミョウ」の生態も調べ、

個体数や生息域を確認した。

 浜松南高生物部の上野恒晟部長(16)は「保全活動を続け、貴重な

昆虫などがすみやすいと思える環境を守っていきたい」と話した。

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□