中田島砂丘で絶滅危惧種生態調査を行いました!

浜松南高校の生物部のみなさんと、本校の有志メンバー18人

が中心となり、中田島砂丘における生態系保全を目的とした絶滅

危惧種調査を行いました。

主に絶滅危惧種であるカワラハンミョウの成育調査、外来種植物

の駆除を行いました。これは、本校でも推進しているSDGsの活動

の取り組みにもつながっています。(11住み続けられるまちづくりを

13気候変動に具体的な対策を・14海の豊かさを守ろう・15陸の豊かさ

も守ろう・17パートナーシップで目標を達成しよう

 S__24207374-1S__24207379-1

S__24207384-1S__24207391-1

外来種植物の駆除は、ハマボウフウ、オオフタバムグラ、コマツヨイグサなどを除草しました。

みんな、袋がいっぱいになるまで作業をしてくれていました。

S__24207393-1S__24207394-1

S__24207396-1S__24207398-1

また、五島海岸湿地へ移動し、桶ヶ谷沼トンボ研究をされている福井先生より

「絶滅危惧種ベッコウトンボの移植について」のお話を伺い、海岸湿地の観察

も行いました。

 S__24207405-1S__24207406-1

S__24207409-1S__24207413-1

 

身近な希少生物について学び、保全活動に参加することで

、SDGsの活動意義を深く感じることができました。

日々の様々な環境活動への取り組みにもつなげていきましょう。