中田島砂丘にて「ごみひろい選手権」~野球部 新聞掲載②~

2月21日(日)に、オイスカ高校の野球部員たちが地域貢献として

中田島砂丘にて「ごみひろい選手権」を行いました。

S__36618253-1

これは、3名以内のグループを作り、制限時間60分の中で予め決められた

エリア内のゴミを拾い、その質と量を競い合うという『地球にもっとも

優しいスポーツ』です。

今回初めて、中田島砂丘ごみひろい選手権実行委員とオイスカ高校野球部

の主催で開催しました。今後は近隣の中高生の参加も呼びかけ、「中高生

ごみ拾い浜松一」を決める大会式クリーン運動も検討しています。

 静岡新聞にも掲載されましたので、紹介させていただきます。

□■□■■令和3年2月23日(火曜日) 静岡新聞  朝刊掲載■■□■□

2021030223ごみひろい選手権(静岡新聞)

南区 野球部員が砂丘清掃

 浜松市西区のオイスカ高野球部は21日、南区の中田島砂丘を

清掃した。1、2年生15人が回収するごみの量を競い合い、ス

ポーツ感覚で環境美化活動に取り組んだ=写真=。

 生徒は3人一組でチームをつくり、1時間以内に回収した防潮

堤周辺の石やガラス片の量を計測し、順位を決めた。主将の坂口

風音さん(2年)は「地域の大切な場所が少しでもきれいになれ

ば」と話した。

 同校は防災林の植樹や海岸清掃を通じた環境教育に力を入れて

いる。ごみ拾いとスポーツを掛け合わせた試みは今後、参加者を

増やして継続する計画。この日は海岸保全に取り組む市民団体「

浜松の海を守る会」や同校卒業生も協力した。

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□