中田島砂丘にて「ごみひろい選手権」~野球部 地域貢献 新聞掲載①~

2月21日(日)に、オイスカ高校の野球部員たちが地域貢献として

中田島砂丘にて「ごみひろい選手権」を行いました。

S__36618253-1

これは、3名以内のグループを作り、制限時間60分の中で予め決められた

エリア内のゴミを拾い、その質と量を競い合うという『地球にもっとも

優しいスポーツ』です。

今回初めて、中田島砂丘ごみひろい選手権実行委員とオイスカ高校野球部

の主催で開催しました。今後は近隣の中高生の参加も呼びかけ、「中高生

ごみ拾い浜松一」を決める大会式クリーン運動も検討しています。

 中日新聞にも掲載されましたので、紹介させていただきます。

□■□■■令和3年2月22日(月曜日) 中日新聞  朝刊掲載■■□■□

20210222ごみひろい選手権(中日新聞)

ごみ拾い 負けないぞ

浜松 オイスカ高校野球部 競争

 ごみ拾い競争を地球に最も優しいスポーツにしよう―。浜松市西区の

オイスカ高校野球部が二十一日、中田島砂丘(南区)で「ごみひろい選

手権」を開いた。今後、浜名湖や海沿いの高校、中学にも参加を呼び掛

けて活動を広げる考えだ。

 野球部一、二年生十五人が三人ずつのチームに分かれ、集めたごみの

重さを競う。防潮堤の幅二百㍍の範囲で、石やガラスを拾った。石は防

潮堤のコンクリートが崩れて発生し、はだしで歩く観光客のけがの原因

となる。野球部員は柔らかな足腰を使い、勾配で強い浜風に耐えながら

石を掘り起こした。その他、鉄くずやペットボトルもあった。

 一時間の作業後、拾ったごみの種類ごとに重さを記録すると、計一㌧

のごみが集まった。主将の坂口風音さん(十七)は「ジムでは使わない

筋肉を鍛えられた。石を拾うことになるとは思わず、重かった」と話した。

 オイスカ高校は沿岸の環境保全に力を入れている。中田島砂丘でラン

ニングをしている野球部も初めて参加。活動を広げやすくするために競

技形式にした。永井監督は「スポーツだけやるのではなく、環境問題も

考えることで生きる力を身に付けてほしい」と思いを語った。

 この日は、毎週海岸で清掃活動をしている市民団体「浜松の海を守る

会」や中田島砂丘観光協会、県、市も協力した。  (高島碧)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□