令和4年4月より校名を「オイスカ浜松国際高等学校」に変更します

 オイスカ高等学校は、令和4年度より

オイスカ浜松国際高等学校」としてスタートします。

 

 オイスカ高等学校は、国際NGOオイスカ・インターナショナルを

設立母体として昭和58年(1983年)に開校して以来、「国際理解教育」

と「環境教育」を柱とした、特色ある体験型教育を実践してきました。

これは、現在の社会の要請を考えると、まさに先駆的な取り組みであっ

たと自負しています。

 今、SDGsに象徴される全世界規模の持続可能な目標達成のために、

「課題発見能力」や「課題解決能力」、「実践力」のある生徒の育成

が学校教育に求められています。

 本校では、今までに取り組んできた特色ある教育がまさに時代の要請に

合致しているものととらえ、これを一層充実・発展させていく決意です。

そして、これからの本校が進むべき道として、令和4年度以降のスクー

ルミッション(オイスカ高校の社会的役割)を「持続可能な多文化共生

社会に貢献する国際高等学校」と設定しました。

 

 日本の中学校を卒業した日本人や外国籍の生徒、そして本校が長年受入

れ続けている留学生が共に学び合う学校環境の中で、生徒たちが多様な文

化に触れ、真の多文化共生を学ぶことができる国際高等学校(新未来型国

際高等学校)を目指します。

 

 さらに、本校が所在する浜松の活性化を目指した人々との協働活動や

地域貢献活動を通して、自分たちの生まれ育った地域の将来を担ってい

くことができる生徒の育成を目指して、教育活動を展開していきます。

 

  本校が目指す教育活動の柱を校名に掲げることにより、

広く本校の特色を知っていただくことを願い、令和4年4月より

校名を「オイスカ浜松国際高等学校」と変更します。

 

20210817124055_00001-120210817124111_00001-1

20210817124212_00001-120210817124227_00001-1