初めての「雛人形」

2年生からオイスカ高校へ留学していたインド留学生の2人が、

新井先生のご自宅に飾ってある「雛人形」を見せてもらいました。

2人は初めて「雛人形」を見たそうで、とても喜んでくれました。

新井先生のお宅では、今年92歳になるおばあちゃんが、和紙で

手作りした「雛人形」もたくさん飾っているそうです。この写真の

中にも手作りの雛人形がありますよ!どれかわかりますか?

DSCPDC_0001_BURST20200228173731587_COVER-1

正解は右上!ちゃんと十二単衣を着ているそうです!

隣の部屋には、すべて手作りの雛人形が飾られているそうです。

DSCPDC_0002_BURST20200228173426403_COVER-11

 「帰国前に、また1つ思い出を作ってもらえて良かったです」と新井先生。

DSC_0005_BURST20200228173533335-1

 

3月早々の帰国が決まった二人のために、2月28日に

卒業証書を手渡しました。

DSC_0002-1DSC_0005-1

DSC_0006-1DSC_0009-1

そして、3月2日の帰国の朝。2人は、見送りに集まってくれた

みなさんとお別れをしました。

2人の今後の更なる飛躍と活躍を祈っています!

DSC_0008-1DSC_0011-1