卒業生が鳥の巣箱を取り付け 新聞掲載

今年も卒業生の卒業記念として、巣箱を用意しました。

巣箱の下に自分たちの名前を書き込み、代表の生徒

が学校周辺の木々に取り付けをしました。

その時の様子が静岡新聞に掲載されましたので、

紹介させていただきます。

□■□■■2月28日(木曜日) 静岡新聞  朝刊掲載■■□■□

20190228鳥の巣箱(静岡新聞)

卒業記念に鳥巣箱掛け

オイスカ高3年生

 浜松市西区のオイスカ高の3年生が27日、卒業記念に

鳥の巣箱を同校敷地内に設置した。生徒が元気に社会に巣

立ち、再び母校に顔を見せてくれればとの願いを込めて同

校が昨年から始めた活動。同校用務員が手作りした巣箱に

生徒110人がそれぞれ自分の名前や卒業年などを記入し

た。5人の生徒が代表して敷地内の木に五つの巣箱を設置

した。残りは職員が配置などを考えながら後日、設置する。

 昨年5月、先輩が設置した複数の巣箱からスズメのひな

など小鳥が顔を出している様子が確認された。地域住民に

開放されている同校外周の散策路からも見ることができる。

 松好暁史さんは「たくさんの小鳥に来てほしい。文化祭

などで学校に戻ってきた時に様子を見に来たい」と話した。

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□