国際文化コースが注染染めに挑戦!~特別課外授業~

浜松では、豊かな水と風を生かして、大正時代から注染染めによる

浴衣づくりが盛んでした。昔は40軒ほどあった染工場も現在では4軒

になっているそうです。

そのうちの1軒である二橋染工場さんで、国際文化コースの1年生が

特別課外授業として、「注染染め体験」をさせていただきました。

BNLM8606-1VXHV4956-1

注染染めについて教えていただき、職人さんの手仕事も見学させていただきました。

QJDO2512-1TKHJ1285-1

注染染めとは、型染の一種で、柄の部分に染料を注ぐことで、

表裏全く同じ色に染色できる日本独自の染色技法。染料のにじみ

や色ぼかしによりやわらかくやさしい風合いを表現できるのが

人気で、浜松では主に浴衣の生地になるそうです。

DBSF8729-1VLXL6824-1

 

糊で土手を作り、染料が混ざらないようにして、一つ一つの柄を

みんなで染めていきました。

BKTY7156-1

裁断する前の生地を乾かす工程「高干し」も見学しました。

体験で染めたてぬぐいも、その場で乾燥させてすぐに完成しました。

とてもカラフルで可愛らしい手ぬぐいになりました!

留学生たちはもちろん、日本人学生も浜松の伝統工芸である

注染染め体験をさせてもらうことで様々な学びがありました。

二橋工場の皆さま、ありがとうございました。