国際文化コース 特別授業「茶歌舞伎」を体験 ~新聞掲載~

国際文化コースの1~3年生が、特別授業として「茶歌舞伎」を体験しました。

教えてくださったのは、浜松市西区西山町にある(有)村松商店を営む3代目

村松さんです。

この時の様子が中日新聞でも紹介されました。

□■□■■ 12月18日(土曜日) 中日新聞  朝刊掲載 ■■□■□

20211218 茶歌舞伎3B(中日新聞)

高校生が「茶歌舞伎」挑戦

 浜松市西区のオイスカ高校で、さまざまな茶を飲み比べて当てる

「茶歌舞伎」の体験講座が開かれた。留学生が多い国際文化コース

の一~三年生約五十人が参加し、日本文化に触れた。

 初めての試みで、同区内で村松商店を営む日本茶インストラクター

の村松正浩さんが講師を務めた。

 講座では、やぶきた深蒸し茶、玉露、さえみどり深蒸し茶、抹茶

入り玄米茶、くき茶の五種類が用意され、中国や台湾、タイなどか

らの留学生らがそれぞれの茶葉を嗅ぎ、味わった=写真。全問正解

した甘世豪(かん・せいごう)さん(二年)は「初めての機会で、

楽しかった。匂いと味で違いが分かった」と話した。」(大岡彩也花)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□