地域協働プロジェクト!地元企業を取材させていただきました!

9月28日(火)、3Bの生徒たちが地域協働プロジェクトの一環で、

地元の企業取材に出かけました!

これは、エネジンの社員の方々と行っている「地域協働プロジェクト活動」

の一環です。このプロジェクトは、地元の高校生が浜松市内の地元企業へ

取材を行い、インタビューの内容を元に、「NEWS」と「ブログ」を作成

し、SNSを使って情報を発信していくというもの。エネジンの社員の方々

から、取材の仕方や準備方法などを教わり地元企業への取材のための勉強

をしています。

 

今回は、村松製油所さんと農業法人「じゅんちゃんファーム」さんで取材

をさせていただきました。この時の様子が静岡新聞でも紹介されました。

□■□■■9月29日(金曜日) 静岡新聞  朝刊掲載■■□■□

20210929松村製油所取材(静岡新聞)

企業の魅力探り発信へ

オイスカ高生 取材

西区の製油所「古い機械 大事に活用」

 浜松市西区のオイスカ高国際文化コース3年生18人が28日、

同区の村松製油所と農業法人「じゅんちゃんファーム」で取材活動

を行った。来年2月をめどに地元企業の魅力をブログやチラシなど

にまとめ、市内外に発信する。

 生徒は4月から、一般教養科目の一環で、LPガス販売エネジン(

中区)の協力を受けて取材の方法や記事の書き方などを学んでいる。

この日は村松製油所と、同ファームに分かれて業務内容や仕事のや

りがいなどを聞き取った。

 村松製油所を訪ねた8人は、1950年から使用されている搾油

機や、工場に併設するレストランなどを見学した。「機械が壊れる

ことはないか」「おすすめ料理は」などと従業員に尋ね、写真を撮

影したり、メモを取ったりした。川崎さん(17)は「古い機械や

建物が今も大事に使われ続けていることを伝えたいと思った」と話

した。            (浜松総局・白本俊樹)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□