大平台小学校「屋上緑地プロジェクト」に参加!

本校から車で20分くらいのところの佐鳴湖近くに位置する

大平台小学校の屋上にて、「屋上緑地プロジェクト」が5月

からスタートしました。

大平台小学校の「おやじの会」の皆さんから、「作物が育た

ないため利用していない屋上庭園があるが、どうにかならな

いか」という相談を受けた併設するオイスカ開発教育専門学校

の学生さんが、このプロジェクトに参加。また、本校の生徒も

大平台小学校のみなさんと花植えとコンポストの設置作業に

参加させていただきました。

3年生の理科で観察するひまわりやマーガレット、4年生の

理科で観察するツルレイシを育てていくそうです。

S__62619653-1S__62619654-1

専門学校の学生さんで土壌医検定「土づくりマスター」を取得したNさんが、

土壌検査をして、土壌に必要な処方を行い、大平台小学校の先生と共に庭園を耕して

くれました。

 

最終段階で、本校の生徒と大平台小学校のみなさんが参加。みんなで苗を植え、

堆肥を作るためのコンポストを設置しました。

S__62619679-1S__62619673-1

S__62619685-1S__62619681-1

S__62619682-1S__62619686-1

今までに学んだ知識、経験を生かして小学生の先生役として交流・作業を行いました。

元気な小学生の皆さんと一緒の活動はとても楽しかったようです。

また、環境に配慮した資材を扱い、環境SDGsの学びの場にもなりました。


長い間利用されていなかった屋上庭園を、子どもたちが休み時間に草刈りを

するところからプロジェクトはスタートしました。

そして、スタート時は4年生の活動でしたが、他学年にも活動の輪が広がり、

今後は1年生は泥遊び、3・5年生は花の観察をはじめていくそうです。

 

 

(before)                 ➡(after)

S__62619660-1S__62619677-1