始業式 ~本日より2学期が始まります~

今朝は、放送による始業式を行いました。

校長先生のお話では、冒頭に嬉しいお知らせがありました。

「いよいよ2学期の開始となりました。皆さんはどのような夏休みを過ごしましたか?

新型コロナウイルスの第5波が猛威を振るい、外出を自粛することも多かった夏休みだ

ったかと思いますが、東京オリンピック・パラリンピックのテレビ観戦を通じて、各競

技の選手の活躍に大きな喜びと元気をもらった人もあったことでしょう。実は、本校で

も大きな喜びがありました。それは、皆さんが取り組んできた、中田島砂丘と松の保全

を行う『浜と松プロジェクト』が『高校生ボランティア・アワード2021』という大会に

おいて表彰されました。この『高校生ボランティア・アワード』は、歌手のさだまさし

さんが設立した『公益財団法人 風に立つライオン基金』が創設したもので、ボランテ

ィア活動を実践する高校生の『発表・交流の場』となっています。全国から113校の

エントリーがありましたが、本校の『浜と松プロジェクト』は事前審査で16校に選出

され、8月17日のオンライン発表会に参加しました。代表者2名の発表に加えて、野

球部・女子バレー部・専門学校生を始めとする応援団も参加した結果、特別表彰として

『鎌田實賞』を受賞いたしました。表彰の際には、鎌田實先生から『高校生らしく工夫

された様々な活動は、これぞSDGsという素晴らしい内容です』とお言葉をいただきま

した。松の成育実験を始めとして、堆砂垣の設置、ごみ拾い選手権の実施等、この活動

に参加してくれた全ての皆さんの功績です。今後も『浜と松プロジェクト』は、オイス

カSDGs教育の柱となる活動として展開していきたいと考えています。皆さんの更なる

ご協力をよろしくお願いいたします。」

また、9月7日には二十四節気の「白露」という時季を迎えるというお話があり、

校長先生から2つのお願いがありました。

「1つ目は、学校生活の中で新たな目標を立てて、1学期同様、『挑戦』を継続して

欲しいということです。『挑戦の継続』はとても大切なことです。今日は、この『挑戦

の継続』を示す2つの言葉を皆さんに送ります。それは、『百折不撓(ひゃくせつふと

う)』と『点滴穿石(てんてきせんせき)』という言葉です。『百折不撓』は、『何度

も失敗を繰り返しても、屈することなく挑戦し続けること」という意味、『点滴穿石』

は『小さな努力を何度も積み重ね続けることで、大きな目的を達成することができる』

という意味です。特に3年生は今月から就職試験が始まります。自らの人生設計のひと

つでもある夢を達成するためにも、決してあきらめずに『挑戦の継続』を心掛けてくだ

さい。2年生・1年生も、心新たに自身の目標を確認し、その達成に向けた『挑戦の

継続』をよろしくお願いします」と、生徒たちに向けてメッセージがおくられました。

鬼石校長-1

校長先生からのもう1つのお願いは、新型コロナウイルス対策の更なる徹底をお願いし

たいということでした。静岡県にも緊急事態宣言が発出され、様々な社会活動の制限が

行われている中で、新学期がスタートしました。オイスカ高校では、今週末までは昼食

のない午前中日課とし、学校全体で万全の対策を強く実施していきます。皆さんも自分

と周囲の家族・仲間の健康を守るため、そして医療従事者の方々の負担を少しでも軽減

できるようにしっかりとした対策を継続させてください。