朝礼「意識と行動の変化を期待」

月曜日に放送による朝礼を行いました。

校長先生からは二十四節気について、

「7月に入り、梅雨らしい雨の多い天候が多くなってきました。

この時期がまさに二十四節気でいう『小暑(しょうしょ)』です。

今年は7月7日が『小暑』にあたります。梅雨の終わりとともに、

夏の暑さの始まりを示す時期ですが、8月8日の『立秋』までを

『暑中』といい、この期間に暑中見舞いはがき等を送り合う習慣

があります。さらに7月22日には『大きい暑さ』と漢字で書く

『大暑(たいしょ)』を迎えます。『大暑』は、多くの地域で梅

雨明けとなり、安定した夏空が広がる時期です。7月は、暦の上

でも夏の暑さの本番を迎える時期です。熱中症などの対策をしっ

かりとり、元気よくこの夏を過ごしていきましょう」とのお話が

ありました。また、生徒たちへ終業式までの約2週間の過ごし方

についてお話がありました。

「残り2週間は1学期の集大成とすべき期間です。したがって、

5月にお願いした『学習への挑戦』と6月にお願いした『学校行

事への挑戦』を最終確認する時期として、5月6月にできなかっ

たことを活かすように心掛けてください。期末テストが7~9日

まで全クラスで行われます。学習の集大成として結果が残せるよ

う全力で頑張りましょう。また、行事関係でも、野球部・サッカ

ー部・陸上部を始めとした公式戦への参加や、SDGs・スマホマ

ナー講演会、山林実習などが予定されています。短い2週間の中

ですが、振り返った時に、1学期の集大成として自分はこれに全

力投球したと胸を張って言えるものを作ってください。皆さんの

『意識』と『行動』の変化を期待したいと思います」と呼びかけました。

そして最後に有名な言葉を生徒たちに贈りました。

『意識(心)』と『行動』の変化は、最終的に自身の『運命』を

変える…という有名な言葉があります。今から100年以上前に活躍

したアメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズの言葉です。それは

心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が

変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる』という内容で

す。心の持ち方や気持ちはまず行動に現れます。その行動を繰り返す

ことで習慣となり、よい習慣を身に付けると自分の性格や人格、将来

までも変えることができる…という意味です。何事にもチャレンジする

意識を持ち、行動を変えることで、自身の運命をよりよいものとして

いくスタートとなるよう1学期の総まとめに挑んでください。それでは

皆さんの活躍を期待しています。」

鬼石校長-1