本日、田植え実習を行いました!

本日、曇り時々雨となってしまいましたが、田植え

実習を行いました。

 

オイスカ高校では、毎年、併設するオイスカ開発教育専門学校

の協力を得て、専門学校の皆さんが籾(もみ)から育ててくれ

た苗を、オイスカ高校の生徒たちが手植えをします。

 

まずは苗を運びます。各クラス22枚づつ分けられました。

P1260578-1

横一列にピンと張った「田植え紐」の赤い目印のところへ、

一斉に植えていきます。苗の間隔が広すぎると、雑草が生

えやすく収穫も少なくなってしまうので、均等に植えること

がポイントです。

P1260666-1 P1260667-1

毎年、各クラスごとに分かれて田植えをします。

3年生は、どこのクラスも例年協力して素早い作業

ができるので早く終わるのですが、今年は2年生も

一致団結しているクラスが多く、効率よく作業がで

きていました!!

P1260684-1

P1260632-1P1260645-1

P1260652-1P1260656-1

 1年生は、なかなか田んぼに入れない生徒もいました。

初めての体験なので、先生の指示を聞きながら懸命に

作業をしていました。

P1260598-1P1260601-1

P1260623-1

悪天候の中、全クラスが頑張って苗を植え終わりました!

みなさんお疲れ様でした!!

 

伝統ある「田植え実習」を通して、米の生長を学ぶとともに、

食への感謝の気持ちも学んでいます。

今年も「あいちのかおり」という品種のお米を植えました。

希少米「ハツシモ」とコシヒカリ系統のミネノアサヒの交配種で、

香りがよく適度な甘さもある冷めても美味しいお米です。

オイスカ開発専門学校の生徒さんが苗の生育を見守り、

育ててくれます。

大きく育った稲の収穫は、また全校生徒で行います!