本日終業式です。

本日、放送による終業式を行いました。

終業式の前に、表彰者の紹介もありました。

IMG_6651-1

3Aの「英語表現」の履修者と3Bの日本人学生を中心に、

TOEIC® Programの運営を行っているIIBCが主催する

「IIBCエッセイコンテスト」に挑戦し、「奨励賞」をいただきました。

また、1年生が受けた漢字検定では、8名が3級に合格。

2年生が受けた文章能力検定では、準2級合格者が7名と3級合格者が

2名ありました。

「しずおか新聞感想文コンクール」に応募した生徒の中から、

1年生の天野さんと松本さんの2名が「奨励賞」を受賞しました。

みなさんおめでとうございます!

 

鬼石校長-1

校長先生からは、2学期の朝礼の中で触れている「二十四節気」の話題

として、最後の「冬至」のお話があり、「冬至は太陽の力が弱まる日で

ありますが、この日を境に再び太陽の力が蘇ってくるという前向きな意

味合いが含まれています」と伝えられました。「かぼちゃを食べたり、

柚子湯に入るのは、無病息災を願う日本古来の知恵であり、日本の誇る

文化・風習であると思います。周囲の仲間から異文化を学ぶことができる

環境にある本校の皆さんに、ぜひ日本の文化・風習にも興味を持ってもら

いたいと思っています」と話されました。

また、「今年は4か月間の長めの2学期となりました。みなさんにとって、

どのような2学期となったでしょうか。新たな新年のスタートを切るため

にも、前向きな2学期の振り返りをしてみてください。①充実感を感じた

のはどんな事でしたか?②自分が成長できたことはどんな点ですか?」と

問いかけ、「みなさんには、『大きな困難を乗り越えるために、変化に

対応し、挑戦する心を持って、様々な努力をすること』の大切さを伝えて

きました。皆さんが頑張ったことを胸を張って、自信を持って表現できる

思い出ができたなら幸いです」と話されました。

最後に2学期最後のキーワードとして「継続」という言葉が贈られました。

「2学期を振り返り、そしてまた来学期からそれを『継続』していくために

はどんな目標を立てたらよいかを考えてください。私は『継続』ほど難しい

ことはないと思っています。ある番組である芸能人の方が『才能の差は小さい

が、努力の差は大きい。継続の差はもっと大きい』という言葉を耳にしました。

3学期は、学校全体(浜松市から善行賞をいただいた地域のボランティア活動)

でも、個人としても『継続』をテーマとして頑張っていきたいと思っています。

 冬季休暇中も、体調管理の徹底をお願いします。自分のため、家族や仲間の

ため、医療従事者の皆さんのためにも、今しなければならない『我慢の生活』

を続けてほしいと思います。それでは、新学期に元気な皆さんの姿が見られる

ことを願っています」とのお話がありました。