浜と松プロジェクト「中田島砂丘保全・堆砂垣設置活動」

浜と松プロジェクトの一環として、「中田島砂丘保全・堆砂垣設置活動」

を行いました。

 

砂丘の現状と課題について、荻先生から説明があり、その後

浜松の海を守る会の代表である清水さんから、堆砂垣設置に

ついて説明がありました。

S__30253062-1

堆砂垣は、杭と横竹を用いて竹製のすだれをつなぎ合わせて砂浜

に設置していきます。強い西風が吹く冬に備えて、すだれを埋め込

み、砂の飛散を防いでいます。

S__30253063-1

S__30253071-1S__30253073-1

しっかりと杭を打ち込んだ後、柵を組み、最後にすだれを埋め込んで堆砂垣が完成しました。

その後、粗朶挿しをして完了です。

 

S__30253075-1S__30253077-1

S__30253079-1

S__30253060-1

まだ来日したばかりの留学生たちは、浜辺のゴミ拾いをしてくれました。

遠州灘海岸を初めて見る留学生たちは、海辺でリフレッシュできた様子でした。

この環境ときれいな景観と自然を後世まで残していけるように、

今後も活動を続けていきたいと思います。