浜と松プロジェクト ~中田島砂丘堆砂垣設置~

12月12日(日)に、

「海岸侵食災害を考える会」主催、静岡県浜松土木事務所沿岸整備課との協働事業

として行われた「中田島砂丘再生プロジェクト~堆砂垣をつくろう~」に参加しました。

本校からは13名のボランティアと、卒業生などが参加。

砂丘東側、防潮堤南側の20m×3ヶ所に堆砂垣を設置しました。

IMG_1945-1IMG_1946-1

切り出した竹をバスで運んで、堆砂垣に使用しました。

IMG_1948-1

IMG_1961-1IMG_1959-1

IMG_1964-1

IMG_1974-1IMG_1972-1

砂丘を渡る風が砂を運び、垣根がその砂を捕まえてくれるので、

堆砂垣の前後には砂がたまっていきます。堆砂垣がすっかり埋もれてしまう

ほどに砂がたまったら、またその上に堆砂垣を設置していくそうです。

またこの堆砂垣が埋まれば2メートルくらいの小さな山になるそうです。

さらに堆砂垣を作り続けることで、砂丘の再生を目指していきます!

本校の生徒たちも、中田島砂丘の再生を目指してボランティア活動に

参加しています。