海洋プラスチック清掃・海浜植物調査活動に参加しました!

9月6日(日)

「浜と松プロジェクト」の一環で、自然科学部と環境委員を中心に

遠州灘海岸の海洋プラスチック清掃・海浜植物調査活動に参加しました!

 

<実施内容>

最初に、五島海岸の現状、課題について本校の荻先生から説明がありました。

五島海岸には、浜松市のゴミが大量に埋め立てられている現状があるそうです。

IMG_7562-1IMG_7565-1

浜松の海を守る会の清水さんからは、マイクロプラスチック問題ついて説明や

海浜植物による飛砂の減少について教えていただきました。

IMG_7650-1

その後、海岸の海洋プラスチック清掃と海浜植物調査・種の採取(ハマゴウ、ハマボウフウ)をしました。

IMG_7726-1IMG_7751-1

IMG_7779-1

五島海岸にはハマゴウが群落があります。深く根を張るハマゴウを群生させる

ことで、海岸浸食を防ぐ取り組みがされているそうです。

IMG_7785-1IMG_7782-1

ハマゴウは、紫色の花を付けた後に果実がつきます。この果実は、食べられるそうで、みんな試食してみました。

この果実は、昔から生薬やアロマとしても活用されていたそうです。

 

今回の活動では、砂浜の浸食問題の解決策として、在来種の海浜植物で砂を覆う活動を学びました。

地域とのつながりを深めることもでき、有意義な活動となりました。ありがとうございました!

IMG_7812-1

 

浜松の海岸には、守らなくてはならない貴重な自然がたくさんあります。

このきれいな景観と自然を後世に残していきたいですね。