田植え実習に向けて ~SDGsの活動について~

オイスカ高校では、母体であるNGOオイスカの理念のもと、

国際協力や環境保全活動に力を入れてきました。この活動が

SDGsの活動につながるものが多いことから、SDGsの活動と

教育にも力を入れています。

 

今日は、1~3年生の全クラスで、6月10日(水)に行う

「田植え実習」に向けて、田植え実習はSDGsの取り組みの

一端を担っているということを学びました。

P1280020-1

P1280017-1

田植え実習は、「2飢餓をゼロに」「15陸の豊かさを守ろう」

のゴールに当てはまる活動であることを学びました。

 

3Aでは、これに加えて「12つくる責任 つかう責任」という

フードロス削減を目指す活動にも当てはまるという話がありました。

新井先生は、「SDGsは、これから先を生きていく中で、みなさんに

とって必要な学びです。いろいろな思いを込めて田植えをしましょう!」

と呼びかけました。

P1280021-1