田植え実習を行いました

オイスカ高校では、毎年、併設するオイスカ開発教育専門学校

の協力を得て、専門学校の皆さんが籾(もみ)から育ててくれ

た苗を、オイスカ高校の生徒たちが手植えをします。

 

毎年全校生徒が一斉に田植えをスタートしていますが、

今年は学年ごとに時間をずらして行いました。

3年生は最後の田植え実習です。今までの経験を生かし、スムーズな

田植えができました。

P1280044-1P1280051-1

P1280048-1

 

1年生は初めての田植え実習です。注意事項をしっかり確認して

田植えに挑みました!

P1280056-1

1年生は、田んぼに入るだけでも大変です。みんなで励まし合って

田んぼに入り、田植えを行いました。しばらくすると、楽しそうな

笑い声が聞こえ、笑顔がたくさん見られました。

P1280058-1P1280064-1

P1280073-1P1280085-1

みなさんお疲れ様でした!!

 

オイスカ高校ではSDGsに力を入れた活動を行っています。

伝統ある「田植え実習」を通して、「自然の尊さや偉大さを

肌で体験し、天地自然に感謝する心を持つ」ということを学びます。

実習前には、田植えは、「2飢餓をゼロに」「15陸の豊かさも守ろう」

というSDGsの目標を達成するのだということも学びました。そして、

NGOオイスカでは、農業支援をすることで、現地の人々が自ら農業を

行い収入を得ることで、飢餓をなくすための活動をしていることも同時

に学びました。

生徒たちは、今日の体験を通して、日本の中でも、今、農業を行っている人々のお陰で

今の豊かな生活があるということが実感でき、深い学びに繋がったと思います。

 

今後は、オイスカ開発専門学校の生徒さんが苗の生育を見守り、育ててくれます。

大きく育った稲の収穫は、また全校生徒で行います!