留学生が中郡中で交流~新聞掲載~

オイスカ高校の留学生10名が中郡中学校を訪問し、

中学3年生の皆さんと交流をしました!

その時の様子が、中日新聞に掲載されましたので

紹介させていただきます。

□■□■■6月11日(火曜日) 中日新聞  朝刊■■□■□

20190611留学生が中郡中と交流(中日新聞)

日本の生活 わいわい質問

中郡中生 オイスカ高留学生と交流

 高校進学を控える生徒に広い視野を持ってもらおうと、

浜松市東区の中郡中で十日、オイスカ高校の留学生との

交流会が開かれた。中学三年生の約百四十人が、インド

や台湾など五カ国から留学する高校生十人との会話を楽

しんだ。

 オイスカ高はアジアを中心に毎年十五人ほど留学生を

受け入れ、同校の寮で日本の生徒とともに入学から主に

三年間学ぶ。代表十人が来校した。台湾のゴ・ヨウカさ

ん(三年)は「中国語には丁寧語はあるが、敬語はない。

最初は先輩になれなれしくしゃべってしまい怒られた」

と日本でのエピソードを語った。

 中学生は「日本の好きな食べ物はなんですか」など

と質問し、インドのプラカシュ・ビシュヌプリヤさん

(同)は「お餅とてんぷらが好きです」と流ちょうな

日本語で返していた。

              (鎌倉優太)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□