稲の花が咲きました♪

学校横の田んぼでは、6月に全校生徒で田植えした

苗が育ち、ようやく稲の出穂がみられました。

P1270071-1

近づいてみると、稲の穂から白い花が出ているのが

分かります。

P1270066-1

穂の先に白い花がついているのが分かりますか?

白く見えるのは、もみが左右に開いて伸びた「おしべ」。

もみが開くのは、日のあたる午前中の2時間ほど。

この2時間の間に『自家受粉』をし、その後胚に養分が送られ

実が充実し、おいしいお米へと成長していきます。

 

10月には、全校生徒による「稲刈り実習」を行います。

美味しいお米が食べられるのが楽しみですね。