稲の花が開花しています。

学校横の田んぼでは、6月に全校生徒で田植えした

苗がぐんぐん育ち、稲の花も開花しています!

P1280394-1

穂の先に白い花がついているのが分かりますか?

白く見えるのは、もみが左右に開いて伸びた「おしべ」。

もみが開くのは、日のあたる午前中の2時間ほど。

この2時間の間に『自家受粉』をし、その後胚に養分が送られ

実が充実し、おいしいお米へと成長していきます。

 P1280396-1

ここから徐々に黄色に色づき、10月半ばには全校生徒で収穫します!

今後の台風に負けずに育ってくれることを祈ります。