稲の花が咲き始めました!

オイスカ高校の生徒たちが植えた稲が、

田植えから80日を迎えて、開花が始まりました!

DSCF3014-1

ようやく出穂し、開花も進んでいます。

DSCF3025-1

穂の先に白い花がついているのが分かりますか?

白く見えるのは、もみが左右に開いて伸びた「おしべ」。

もみが開くのは、日のあたる午前中の2時間ほどだけなんだとか。

この2時間の間に、『自家受粉』をし、その後胚に養分が送られ

実が充実していきます。これが、おいしいお米へと成長していきます。