野球部 初の県ベスト8入‼準々決勝に挑みます‼①

オイスカ高校野球部が、昨日24日(水)に4回戦を

愛鷹球場にて加藤学園高校と対戦し、3-1で勝利!

創部以来初の県ベスト8入りを果たしました!!

暑い中、連日応援に駆けつけてくださった皆さま、

ありがとうございます。

明日26日(金)は、ベスト4入りをかけて、清水庵原球場にて

島田商業高校と対戦します。(12:30~)

引き続き、応援をよろしくお願いいたします。

 

今朝は、新聞社5社でオイスカ高校野球部が掲載されました。

いくつかに分けて、本日のブログで紹介させていただきます。

□■□■■7月25日(木曜日) 静岡新聞(朝刊)■■□■□

20190725野球部4回戦(静岡新聞)

オイスカ快進撃 シード校撃破

”切り札”高橋 粘投で流れ

【評】オイスカが少ない好機を生かして接戦を制した。

 オイスカは1点を追う六回、2死から単打や相手の

失策などで満塁とし、田代の2点適時二塁打で逆転した。

田代は八回にも適時打を放った。先発は高橋は9回を投

げきり4安打1失点の好投。

 加藤学園は得点圏に2人の走者を置いた六、七回で

無得点に終わったのが痛かった。

白球

 またも快進撃だ。2011年の創部以来夏は1勝しか

できなかったオイスカが、春の県大会準優勝の加藤学園

を破って8強入り。歴史を塗り替えたナインは拳を突き

上げて喜びを爆発させた。

 公式戦初先発の2年生左腕高橋が流れをつくった。春

先に腰を痛めたこともあって背番号は13。しかしその

正体は永井監督が「本当は1番をつけてもおかしくない」

と評価し、大会前から第2シード校との大一番に送り込

むと決めていた”切り札”だった。120㌔台後半の直球

と変化球に加えて程よい荒れ球も効き、五回まで1失点

に抑えた。

 粘投に打線が答えたのは六回だった。5番田代が2死

満塁から相手投手の直球を左中間に運んで逆転に成功。

八回は狙っていた初球の変化球を左前にはじき返した。

 大会直前の6月に監督が交代。「気持ちの整理が難し

かった」という田代ら選手に新指揮官は野球を楽しむこ

とを求め、「スマイルベースボール」をいう合言葉を植

え付けた。伸び伸びと力を発揮する笑顔の夏はまだ終わ

らない。              (木村祐太)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□

 DSC_0222-1

DSC_0269-1

DSC_0282-1