野球部2回戦突破!! 新聞掲載①

7月7日(日)に開幕した

第101回全国高等学校野球選手権 静岡大会。

オイスカ高校野球部は、初戦を突破し、

7月21日(日)に行われた2回戦でも9ー5で、

見事逆転勝ちを収めました。

応援に駆けつけてくださった皆さま、ありがとうございました!

 

新聞にも掲載されましたので、その内容を紹介します。

また、今年6月に就任した永井新監督が、

朝日新聞出版が配信するメールマガジン「AERA dot.メルマガ」

の取材を受けました。こちらもぜひご覧ください‼

【➡https://dot.asahi.com/dot/2019071900095.html

□■□■■7月22日(月曜日) 中日新聞(朝刊)■■□■□

20190722野球部2回戦(中日新聞)

オイスカ九回一挙8点

 オイスカが九回に大量点を奪って逆転勝ちした。

1-5で迎えた九回、2四球から中根の適時打で

1点を返すと、この回だけで計8四死球で一挙に

8点を奪った。浜松湖南は敵失に乗じて一回に3

点を奪い、優位に試合を進めたが、先発野沢が最

後に崩れた。

創部以来初の3回戦に進出

 オイスカが劇的な逆転勝ちで、二〇一一年の創

部以来初となる三回戦進出を決めた。

 一回に先制されてから常にリードを許す展開でも、

ベンチに悲観する選手は一人もいなかった。相手の

先発投手の球に慣れ、ボール球に手を出す数が減っ

ていることなどを冷静に観察していた永井浩二監督

が、「後半勝負だ」と選手に言い聞かせ続けていた

からだ。

 迎えた九回、「四球が二つ続いて『いける』と。

(三人目で代打の)中根(翔希、三年)のタイムリ

ーで逆転を確信した」と岸龍亮主将。勝ち越しの

四球を選んだ豊田毅一郎選手(三年)は「小中高と

野球を続けてきた今日が一番うれしい」と喜んだ。

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□

DSC_0102-1DSC_0110-1

DSC_0094-1

DSC_0021-1DSC_0067-1

DSC_0197-1

3回戦は、明日23日(火)。

清水庵原球場にて、焼津中央高校と対戦します。(12:30~)

引き続き、応援よろしくお願いします!!