野鳥観察会を行いました!~大空を優雅に舞う野鳥~

今年も、サンクチュアル ジャパン(ウミガメの保護や自然環境教室・観察会

などを通じて自然保護活動をしている浜松の市民団体)の牧田仁志さんに、

おいでいただき、野鳥観察会を行いました。

野鳥の会から1名、自然科学部の部員8名と顧問、さらに今年はオイスカキッズ

(学童)の小学生6名と指導員2名も参加していただき、総勢19名での観察会

となりました。ありがとうございました。

DSC_5125-1 DSC_5133-1

今年も、晴天に恵まれ、たくさんの野鳥を観察することができました。

浜名湖の干潟や田んぼでの観察が終わったら、室内でぜんざいを食

べ、観察された鳥の特徴や鳴き声などを指導の先生から教えていただ

きました。毎年参加する自然科学部の部員たちは野鳥についての知識は、

年々豊富になってきています。

今回も、生徒がきれいな写真をたくさんとってくれました。

DSC_5120-1DSC_5175-1

DSC_5229-1DSC_5160-1

シラサギ、カモ、タカなどたくさんの鳥が優雅に大空を舞う様子を

観察することができました。

今が一番たくさんの野鳥を観察することができるシーズンだそうです。

運がよければ肉眼で観察できる距離にいることもあります。

オイスカ高校周辺の豊かな自然に集まる野鳥を、是非観察してみてくださいね。