雪の結晶を観察 ~2B生物~

2Bの生物の時間に雪が降ってきたので、黒画用紙で雪をキャッチして

雪の結晶の観察をしました!

34603-1

キャッチしてもすぐに溶けてしまう浜松の雪。

観察しようとするとすぐに溶けてしまいます。

雪と戦いながら、雪の結晶の観察を楽しみました。

34604-1

浜松では珍しい雪。つかの間の楽しい時間となりました。

留学生や帰国子女のたくさんいる国際文化コースの生徒たち。

結晶をバッチリ観察できたのは留学生でした!

 

雪の結晶は六角形になっています。これは、水の分子が

氷になる時に六角柱の形でくっつきやすいからなのだそうです。

この六角柱がもととなり、地上に降りてくるまでに、

どんどん水蒸気がくっつき、枝葉のように広がってきれいな結晶になります。

みなさんもぜひ、雪の降る日には結晶の観察をしてみてくださいね。