静岡大学からのお客様

2月8日(木)

静岡大学では、2014に「アジアブリッジプログラム(ABP)」

開設したそうです。このアジアブリッジプログラムとは、アジア

の4ヵ国(インド・インドネシア・タイ・ベトナム)からの外国人留

学生を募集。入試選抜試験により合格すると、静岡大学で

日本語を集中的に学び、その後大学の過程を経て専門知

識を学びます。優秀なアジア人留学生の育成、さらにはグロ

ーバル企業への就職までを支援するプログラムだそうです。

(授業料はサポートされるそうです。)

 

この、アジアブリッジプログラムに携わる静岡大学の先生方、

さらにはアジア4ヵ国の高校からおいでの先生方が、オイスカ

高校にいらっしゃいました。

DSCF2387-1

アジア諸国の高校の先生方は、日本の教育にとても関心

があり、本校の生徒たちに直接質問ができる交流会を行い

ました。

日本の高校生がどのような生活をしているのか、どのような

学習をしているのかなど、生徒たちはいろいろな質問を

受けていました。

DSCF2382-1

留学生たちは、自分の母国の先生方と母国語で楽しそうにお話をしていました。

DSCF2386-1

各国の先生方も、時折メモをとりながら生徒たちの話しに

聞き入っていました。

短い時間でしたが、生徒たちも楽しい時間を過ごせたよう

です。ありがとうございました。