高校生ボランティア・アワード2021について

「浜と松プロジェクトチーム」として活動を続けている

浜松市の「中田島砂丘」と「松」の保全活動で、

今年も「高校生ボランティア・アワード2021」にエントリーしました。

全国から113校の参加があり、その中から事前審査で選抜された16校が

8月17日(火)に、Webによる発表大会に参加しました。

オイスカ高校も代表者2名が8分間の発表を行い、最後の特別表彰で

鎌田實賞」をいただきました‼‼

その高校生ボランティア・アワード2021の開催内容についての

紹介が静岡新聞に掲載され、本校の生徒たちがオンラインで発表している

様子の写真が掲載されました。

□■□■■9月7日(火曜日) 静岡新聞  夕刊掲載■■□■□

20210907社会貢献顕彰(静岡新聞)

高校生の社会貢献顕彰

全国108団体 画面越し発表

 高校生の社会貢献をシンガー・ソングライターさだまさしさんが顕彰

する「高校生ボランティア・アワード2021」がオンラインで開かれた。

オイスカ高など県内の高校を含む全国108団体の生徒が画面越しに熱意

や工夫のある報告、意見交換を行った。

 今年で6回目。佐賀県内5校の有志による団体「SAGAでんと」はオ

ンラインも活用、献血の啓発活動や災害復旧に取り組む。同県で8月に

起きた浸水被害への支援も呼び掛けた。

 大阪府立堺工科高校定時制課程の生徒は、地場産業の技術を生かして

作った包丁や義援金を、東日本大震災後、各地の被災地に届ける。災害

時に役立つよう製作した、不要な食用油を利用する発電機も紹介し「活

動が認めてもらえるとうれしい」と発表。表彰式で「さだまさし賞」を

受けた。

 災害ボランティアに取り組む高校生の力を生かそうと、アワードを主

催する「風に立つライオン基金」と、アルピニスト野口健さんが設立し

たNPO法人「ピーク・エイド」は災害支援協定を締結。物資の送付や情

報共有で連携を図るという。

 野口さんは「新型コロナウイルス禍で現場に行くことが難しい。必要

な物資などの情報が必要」と強調。さださんは、「アワードに参加した

全国の高校生も、支援の情報や新たな発想を寄せてくれるのでは」と期

待を込めた。

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□