1年生「自然理解」

国際NGOを母体にもつオイスカ高校では、「自然の恩恵に感謝する

という大きな理念をかかげており、 茶摘、田植え、稲刈りなどの実習

を行い、SDGsの教育や活動にも繋げています。

また、1年生の「総合課程」の生徒たちは総合学習の「自然理解」の授業を

週に1時間受けていて、畑作業などを行っています。

2学期がスタートし、最初の授業で、「ひまわりプロジェクト」の

お手伝いもしました。咲き終わった向日葵の花を摘み取り、しばらく

乾燥させてから種を採ります。

S__24870997-1S__24870994-1

S__24870998-1S__24871003-1

またこの日は、スイカも収穫しました♪もちろん、生徒たちにとって、

初めてのスイカ収穫体験です。季節ごとにいろいろな作物を植えたり、

収穫したりしていきます。

S__24871000-1