1年生の交通教室

5月18日(木)

浜松市交通安全指導員の方に来ていただき、この春から

自転車通学を始めたばかりの1年生を対象に「交通安全教室」を行いました。

DSCF9409-1 DSCF9413-1

基本的な交通ルールを教えていただき、どのような時に危険が潜んでいるのかを

具体的に提示してくださいました。

平成28年度に起きてしまった交通事故で一番多かったのが、交差点・交差点付近

での事故。信号のない交差点や一時不停止、安全不確認がその主な理由となって

いるそうです。

婦警さんからは、「『自分だけは大丈夫』と思わないこと、安全確認をするときは、何を

見るのか、目標を決めてしっかり見ましょう」などのお話がありました。

 

代表3名が自転車による走行シミュレーションを行いました。

DSCF9418-1

人の歩いている横断歩道、線路は自転車からおりて横断します。

生徒たちは慎重にシミュレーションをしていました。

DSCF9423-1-300x199 DSCF9422-1

実際に自転車を運転する際にも、このくらい慎重に運転を

してほしいと思います。

 

登下校の時間帯は、一番事故の多い危険な時間帯です。

「きっと大丈夫」ではなく、「もしかして・・・」という危険予測を持って

交通安全に努めていきましょう。