3年生 最後の山林実習へ

今年も、2学期末に、3年生が最後の山林実習を行いました。

オイスカ高校では、気賀に学校林を保有し、

昭和60年から生徒たちが整地や草刈、植林、補林をしながら、

現在約6000本ものヒノキや杉を育てています。

Snapshot_1-222 Snapshot_2-333

IMG_2091-1 IMG_2082-1

山林実習は、「環境教育」の一環です。

自然林と人工林を実際に見比べることができたり、森の様子を目の当たりにしたり、

枝打ちや間伐をすることで、どのように自然環境の保全に役立っているのかや、

のこぎりやナタの使い方など、3年間でたくさんの学びがありました。

卒業してからも、こうした経験をみなさんの「生きる力」に変えていってほしいと思います。