1年生 自然理解~稲刈りの準備が始まりました!~

今日は1年生が、稲刈りの準備をしました。

S__26517512-1S__26517514-1

1年生は、農場で保管していた稲を掛けるための竹を運び出し、

「ハザ」の組み立てに挑戦しました。

 

毎年、全校生徒で田植えをして育った稲を、全校生徒で手作業で刈り取ります。

そして、刈った稲は、しばらく「ハザ」に掛けて乾燥させます。刈り取ったばかりの稲は、

水分量が20~30%とかなり多いため、保存の際に品質を保ちやすい状態(水分量15%程度)

になるまで乾燥させています。

「ハザ」に掛けて乾燥させることで、稲を刈り取った後でも、茎や葉の養分が実に

集まり、追熟させることができるそうです。

また、自然による乾燥なので、地球にも優しい方法と言えます。

オイスカ高校では、SDGs宣言をして、持続可能な社会の実現のために、

環境活動への取り組みを続けています!

 

今年も10月19日(月)に稲刈り実習を予定しています。