入試情報

よくあるご質問

Q1通学可能でも入寮できますか?入寮と通学の切り替えはできますか?

通学が可能であっても自立心を向上させたいと願い、寮生活を希望する生徒が多数います。また、かなり遠方からでもスクールバスを利用し通学する生徒もいます。通学の場合でも昼食は給食になります。寮と通学の切り替えについては、原則として進級時に変更が可能です。現在、通学生が約60%、寮生が約40%の割合です。

寮についての詳しい内容は、寮生活のページをご覧ください。また、スクールバスの詳しい内容については、スクールバスのページをご覧ください。

Q2週5日制ですか?土曜日はどうなりますか?

隔週6日制です。第1・第3土曜日は午前に3時間の授業を行っています。

Q3海外研修はどこに行って、どんなことをしますか?費用はどのくらいかかりますか?

国際NGOオイスカ・インターナショナルの活動拠点がある地域に行きます。現地の情勢を考慮し、近年はフィリピンとインドネシアに行っています。期間は約2週間です。内容は選択するコースによっても若干違いますが、主に現地研修センターに宿泊し、現地学校との交流、地元の人たちとの植林、ホームステイ、英語研修、観光などを行います。

オイスカのネットワークで各地の情報収集を絶えず行い、行き先や研修内容を決定しています。費用は基本的に18万円(コースによって若干変動)で、入学時から月々1万円の積み立てを18回行います。海外研修の他に、希望者はオイスカ・インターナショナルが主催する様々な海外派遣プログラムに参加することができます。(応募者多数の場合、オイスカ高校の生徒は優先してもらえます)

詳しくは、海外研修のページをご覧ください。

Q4部活動は全員加入制ですか?

本校では全生徒がいずれかの部活動に所属することになっています。これは、学習面だけでなく、一人ひとりの興味関心を大切にしているからです。
毎週月曜日は7限目に授業や講習があり、すべての部活動が休みになります。

サッカー部は、Jリーグの公式戦にも使える人工芝のサッカーグラウンドで練習します。コーチ陣には元Jリーガーも2名おり、指導にあたっています。
また、野球部は元プロ野球選手が監督を務め指導にあたっています。陸上競技部も棒高跳びの元日本選手権優勝者が指導にあたっています。
自然科学部は、マングローブや草花、小動物などを育て、その生育環境について研究しています。

全部で18の部活動があり、それぞれ意欲的な活動をしています。
詳しくは、部活動のページをご覧ください。

Q5転入学・編入学はできますか?

本校は様々な理由で高校生活をやり直したいという生徒に対し、転入学・編入学を受け入れています。実際に本校では、転入学・編入学の生徒で、生徒会役員や寮長など、リーダーとして活躍したり、国公立大学や難関私立大学に進学したりする生徒が多数います。また、寮があるので遠方の生徒でも入学が可能です。本校に興味を持ち意欲のある生徒であれば、誰にでも可能性があります。問い合わせの上、事前相談を充分に行ってから、転入学・編入学試験を受験してください。

詳しくは、転入・編入試験のページをご覧ください。

Q6個別の学校見学や相談はできますか?

定期的な「学校説明会・オープンスクール」の他に、個別の学校見学や相談を随時実施しています。事前にご連絡ください。